スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高年の健康づくり教室


6月から、和合で新たに始まった企画「中高年の健康づくり教室」。
今日で、今年度最後の日を迎えました。

P2080696_convert_20130208170208.jpg

最初の頃よりも参加者が増え、リピーターも多く、恒例の事業になりつつあります。
毎回先生が内容を工夫して下さるおかげで、
その時期に合った、無理のない体の動かし方を教えてもらえます。

集落の人が集まるきっかけにもなるし、
健康にもよい!

終わった後、先生にそっとお土産のりんごやお漬物を渡すのは、和合の人の心。
また来年度も、続きそうです ^^
スポンサーサイト

冬の風景


ある、晴れた日の夕方。
雪景色に、とてもきれいな青空。

P1290667_convert_20130208164042.jpg

冬の明鏡橋。
旧明鏡橋の上から、新明鏡橋を撮る。

P1270663_convert_20130208164328.jpg

そして、凍み大根。
ふかした(ゆでた)大根を軒先に吊るし、凍らせながら乾燥させる。
いつの間にか、大家さんの小屋にぶら下げてありました。

P1290668_convert_20130208164102.jpg

これは、ひょうの煮物。
夏場に乾燥させたひょうを、
「そろそろ料理しなくては」と思い
大家さんの奥さんに戻し方を聞いて、煮てみました。
乾燥させたひょうは、水からぐつぐつ煮て、戻します。

P1270666_convert_20130208164349.jpg

上手くいくのかとても不安だったけど・・・
ふつうにおいしく食べられるように仕上がって、よかったです。
ひょうの、歯ごたえのある食感が、うまい!

雪が降って、農作業が落ち着く冬。
今までで貯蔵した食料を、時間をかけて料理できるのが、冬の楽しみです。

もちつき新年


和合の大晦日、お正月は餅をついて過ごしました。
12月30日は、友人の家の餅つきに混ぜてもらいました。

ずんだは、枝豆をすりつぶし、砂糖で味付け。塩を少々加えます。
けっこうすりつぶす作業が一苦労・・・
一人でやっていたら、途中であきらめそうです。

IMG_1517_convert_20130106165937.jpg

そして、ふかしたもち米を杵とうすでつく。
おいしそうな餅になりました!

IMG_1514_convert_20130106170013.jpg

温かいうちに、正月用の鏡餅を作ります。

IMG_1520_convert_20130106170036.jpg

つきたての餅は、納豆、ずんだ、小倉、くるみであえて食べます。
お雑煮に入れてもよし。
全種類を制覇すると、かなりおなか一杯になりました・・・。
とても、おいしかったです。

12月31日は、和合の青年会に混ざり新年の餅つきを。
水上神社で参拝に来たお客さんに、なっとうもちとおしるこをふるまう企画。
今年、初めての試みです。

昼から、除雪&テント設営。
雪の神社の景色、なかなかよかったです。

IMG_1525_convert_20130106170608.jpg

餅をつく前に、納豆の準備。
この量は、やばい・・・

P1011212_convert_20130106170646.jpg

そして、12時。
ふかしたもち米を、杵でこねてつきます。

P1011249_convert_20130106170721.jpg

参拝に来たお客さんに、納豆もちとお汁粉を配ります。
喜んでもらえて、何よりでした。

P1011247_convert_20130106170751.jpg

正月、地元に帰省する人が多いということもあり、
若い人たちの同級会のように集まっていました。

雪の中、餅をつく今までにない過ごし方をしたお正月。
もちつき、楽しかったな。

雪の日々


12月7日から、一気に雪が降り積もりました。

その中、先週末の土日は、今年最後のネコトラ市。

IMG_1454_convert_20121210212500.jpg

二日とも雪でしたが、
「今年最後だから来てみたよ」
というお客さんが何人も来てくれました。
雪の中、本当にありがとうございました。
今後の週末市の場所は未定ですが、これからもよろしくお願いします。

ネコトラ市の間、雪でいろいろなものを作っていました。

雪うさぎ

IMG_1433_convert_20121210212120.jpg

雪だるま

ネコトラを春からずっと手伝ってくれた仲間、
近所の小学生カツヒロ君の作品です。

IMG_1435_convert_20121210212328.jpg

そして!
憧れのかまくら

IMG_1444_convert_20121210212428.jpg

大人一人、何とか入れる大きさです。
今度はもっと大きいものを作って、その中で餅を食べたいです。

若葉5日目

若葉5日目。

「水の路をたどる」。
地元の先生の案内で、水に関する史跡や石碑を辿りました。

IMG_1175_convert_20121101221804.jpg

元々水がなかった和合に、
大規模な土木工事をして水路を整備した、先人たちの苦労が偲ばれます。

雨が降ったり、晴れたりと、変な天気でしたが、道中での光と木々の光景が素敵でした。

お昼は、「ひきずりうどん」。
納豆、さばの缶詰、ネギ、卵などを醤油で味付けたものに、うどんをつけて食べます。

解散式には、隊員の顔を見に、受け入れ農家をはじめとしたたくさんの人に来て頂き、
名残惜しい別れとなりました。

お昼後に解散予定だったのですが、
各人それぞれ、漬物を習いに農家の人の家に行ったり、
朝日町の名所を見に行ったり、
地域に残る人が多かったです。


「若葉のふるさと協力隊」の5日間は、輝くような出会いがたくさん見られた、奇跡のような日々でした。

私は、プログラムの企画・調整役の「コーディネーター」という立場で関わらせて頂き、企画の準備に奔走していました。初めての企画、ということで、失敗したこと、上手くいかなかったこと、要領を得ないせいで周りに迷惑をかけてしまったことが、たくさんありました。

そんな中でもこの企画が成功したのは、

和合の方々の温かい協力
役場の方々の努力
参加者の感受性と能力

何よりも、「和合の魅力」のお蔭だと思います。

自分が奔走した企画のはずなのに、
全く自分のやったこととは思えない、不思議な気持ちです。
若葉の参加者や、関わって頂いた方の楽しそうな顔を見ることができたのが、何よりの喜びです。

若葉の5日間は終わりましたが、終わりは始まり。
これからも、若葉で和合に縁ができた5人が、再び和合を訪れてくれることを願っています。
プロフィール

大槻 春香

Author:大槻 春香
東京の大学を卒業し、4月から緑のふるさと協力隊第19期隊員として、山形県朝日町和合地区で活動中。地域の歴史や伝統文化などに興味あり。おいしいのも大好き!日々、和合のおいしいものに出会っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。