スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日町をめぐる

5月23日
役場の協力隊担当者の案内で、政策推進課の方々と一緒に新緑の朝日町を回った。

スタートは、和合から。
和合の山の上にある集落、「平」に向かう。
平には、明治時代に植えられた「りんご発祥の木」が残っていた。
その木は今も現役で、おいしいりんごを実らせている。

平の集落を見下ろして

IMG_0311_convert_20120603165408.jpg


低い緑の木々は、全部りんごの木!
りんご畑の中に家がある、という様子。
この集落はもともと水の来なかった場所で、水田は雨水で賄える分しか作れなかったらしい。

次は和合の北隣の集落、玉ノ井の栗木沢へ。
地元の人たちが作った「さくら公園」の展望台へ上る。
流れる川は最上川。
川にかかる新・旧両方の明鏡橋を一望できる。

IMG_0315_convert_20120603201928.jpg



地区の人々の手で、朝日町の町の花「ヒメサユリ」を育てる取組みをしている。
これが、まだ花開かぬヒメサユリ。
うっかり踏んでしまいそうだった。あぶない・・・

南に移動し、日本の棚田百選に選ばれた椹平の棚田を見る。


ひとつだけ、咲きかけのヒメサユリを見つけた!
可憐な後姿。

IMG_0331_convert_20120606191733.jpg



更に南西に進み、高田の山に登る。
標高が高くなると、ブナの天然林に囲まれた。

IMG_0337_convert_20120606191919.jpg


気のせいではなく、空気が違う。

ここでも、集落の人が自らの手でがんばって作った展望台が。
遠くにそびえる山々まで見える。

IMG_0339_convert_20120606193004.jpg

高田から白倉へと移動。
白倉も、山の中にある集落。
世界で唯一空気をまつる神社、「空気神社」に参拝。

空気神社の片隅にひっそりとたたずむ「山の神」。

IMG_0347_convert_20120606193130.jpg


山の神は、春になると里に下りて田の神となり実りをもたらし、秋になると再び山に戻るという。

最後は一面の菜の花畑へ!

IMG_0362_convert_20120606192445.jpg


「菜の花プロジェクト」として、耕作放棄地に菜の花を植えている。
菜の花プロジェクトとは、
トラック業界と提携して、耕作放棄地に菜の花を植え、そこから取れる菜種油を地域の学校給食へ、
そして学校給食の排油をトラック業界が回収して、エンジンとして使う、という試み。
朝日町では家庭からの排油も、無料で回収し、車の燃料として使用している。
かなり環境意識が高い町・・。


今回朝日町をめぐって分かったこと

朝日町は広い!
そして、地区によってかなり特性が違う。
和合みたくりんご畑が山を覆っている所もあれば、
水田(棚田)が多いところもある。
地区ごとに住民が主体となった様々な取組みが行われていることにも驚いた。

とても勉強になった一日でした。



スポンサーサイト

わらび


灰汁抜きしたわらびをいただいた。

IMG_0221_convert_20120520211447.jpg


わらびは、みそ汁にいれてよし、煮てよし、炒めてよし、漬物にしてよし、の万能山菜。
地元の方に教えてもらい、しょうがとしょうゆで漬物にして食べた。

ごはんがすすむ味!

花摘み

なかなかブログを更新できないまま、時が流れてしまいました。
気が付けば、ここに来てからすでに一か月以上経過している・・・早い!

来たときは丸裸だった果樹の木も、最近は葉が生い茂り、花が満開に咲き、今は花弁が散りかけています。

最近の作業は、花摘み。
おいしい果物を収穫するため、木を疲れさせないためには、全部の花を実らせるわけにはいきません。
残す花を選んで、ほかは全部手で摘みます。

果物の花は、とてもきれい。

桃の花

IMG_0193_convert_20120520202555.jpg


ラフランスの花
(摘花後)

IMG_0203_convert_20120520202806.jpg


脚立の上から眺めた新緑。

IMG_0205_convert_20120520204002.jpg

東山魁夷の絵を思い出す。

そして、りんごの花と最上川。
脚立の上から見下ろして。

IMG_0244_convert_20120520203455.jpg


一段と高いところから眺める景色は最高。
脚立作業は、楽しい!

タラの芽


山菜の季節です。
4月末に、タラの芽をいただきました。

これが、野生のタラの芽。

IMG_0177_convert_20120512131650.jpg

木の芽だったのか!!
芽の部分をポキッと折ると取れます。

食べるときは、天ぷらにすると美味しい。
ハカマの部分を取り、大きいものは適当な大きさに切って揚げます。

山菜天ぷら
タラの芽、コシアブラ、こごみ

IMG_0229_convert_20120512132059.jpg

山菜の天ぷらそば。

IMG_0230_convert_20120512132514.jpg

山菜の苦み。天ぷらの油、そばのあっさりした感じがよく調和して、
自分で作ったとは思えないぐらい、おいしい 笑
山形のそばが、これまた美味いのです。

りんごサロン GWの開放


今日で、ゴールデンウィークの開放日が終わりました!

初の開放日ということもあり、
「人、来るのかなー」
という気持ちで開けていたのですが、
思った以上に訪れてくれる人がいて、うれしい日々でした。

1日目は、菅井功さん講師、「農薬を使わない安心・安全な野菜の作り方」の会がありました。

野菜には、一緒に植えると、害虫が付きにくい組み合わせがあります(コンパニオンプランツ)。
ニラとトマト、ネギとほうれん草、スイカ、カボチャなどが、その例です。
それから、去年植えた場所に同じ野菜を植えない、「野菜の輪作」についても学びました。
野菜によっては、同じ場所に同じ野菜を作り続けると、病気になったり害虫が付きやすくなるものがあります。
それを防ぐため、毎年植える位置を変えていく「輪作」という方法があります。

このように工夫することで、農薬を使わなくても虫が付きにくい、という野菜を作ることができるそうです。

(資料はりんごサロンに保管してあるので、興味がある方は開放日に来てください ^^)

2日目は、夜から青年団の人々が来てくれました。

3日目、4日目は昼から子供たちが遊びに来てくれ、すごく賑やかに。
旧和合小の体育館で、サッカー、バスケ、輪投げ、おにごっこ、かくれんぼ・・・
私も、一緒になって遊びました 笑


「りんごサロン」がどのような空間になっていくのか

まだまだ手探り状態ですが、
世代を超えて集まれる、和合の「憩いの場」みたいになっていったらいいな。
そのうち、簡単なイベントも企画したいです。

りんごサロン

和合小学校体育館に設置されたりんごサロンの開放日が、今日から始まりました!
連休中、5月3日~6日の間は、午後2時半から夜8時まで開けています。

開放日初回、ということで、りんごサロンに来た方々の情報をもとにして、
「和合マップ」を制作しています。
現在、こんな感じです ↓

IMG_0188_convert_20120503205945.jpg

手作り感満載・・・
来てくださった方からのコメントは、こんな感じで張り付けていきます ↓

IMG_0190_convert_20120503213419.jpg


地図はほとんど白紙。日々だんだんと完成していく予定です。
完成した地図は、手に取って見られる大きさに清書しようと思っています!

お茶とお菓子を用意して待っているので、気軽に遊びに来てください ^^


ところで、
突然出てきた「りんごサロン」って何?
と思った方がたくさんいると思います。

書けば長くなりますが・・・

和合では、和合小学校が閉校になった時から、住民が主体となってまちづくりを進めていこうという動きがあります。
全国の農山村が直面している過疎化・少子高齢化の問題。
和合もその例外ではありませんでした。

地域のよりどころであった和合小学校が閉校になったのをきっかけとして、
これから」どのような地域の拠点を作っていけばよいのか?
どのような町にしたいのか?
そのためには何をすればよいのか?
といことが住民の間で話し合われ、
地域づくりの計画書や、新しい拠点の設計図が描かれました。

しかし計画はできあがったものの、中々前に進まない。
そこで、農山村地域に入り地域活性化のお手伝いをする「緑のふるさと協力隊」が呼ばれ、
計画を進める第一歩の拠点として、
旧和合小体育館に畳十二畳ほどのパソコン完備のスペース、「りんごサロン」が作られました。

この経緯を知った時、
住民主体で、ここまで進められる自治体ってすごい!
と正直に言って驚きました。
そして、中々進まなかった計画を前に進める手助け・・・という協力隊に与えられた思いがけぬ重要任務。
気負いすぎずに、精一杯がんばります。

「りんごサロン」は協力隊の事務所としても使いますが、
地区の方々の交流・活動の場になっていけたらいいな、と願っています。

これから月3回ぐらいのペースで開放日を設け、
簡単なイベントやお茶飲み会を開いていきたいです。
それから、ひと月半ごとぐらいのペースで、和合に関するテーマ展示を作っていきたいです。
6月からのテーマは、「和合小のおもいで」(仮)。
体育館2階に保管されている、和合小にあった品々を展示します。

和合小を卒業して、しばらく母校を訪れていない方。
今、和合小に行くときっと驚きます。
現在りんごサロンのあるスペースは、昔の昇降口だったところらしいです。

功さんとの合作、りんごサロンの看板 

IMG_0187_convert_20120503213608.jpg

遠くからでも、ものすごく目立ちます 笑
もう少しで完成です。
プロフィール

大槻 春香

Author:大槻 春香
東京の大学を卒業し、4月から緑のふるさと協力隊第19期隊員として、山形県朝日町和合地区で活動中。地域の歴史や伝統文化などに興味あり。おいしいのも大好き!日々、和合のおいしいものに出会っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。