スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚田の一年

雪が降り続き、寒い日が続いています。
今日は、山形の最高気温が氷点下2度らしいです。
最高気温で氷点っていったい・・と経験したことのない寒さ。
山形で氷点下2度ならば、朝日町ではもっと寒いのでしょう。

今月の20日ごろ、珍しく天気のよい日だったので、雪の棚田を見に行ってきました。

IMG_1476_convert_20121226115457.jpg

一面の雪。
美しかったです。

椚平の棚田は、季節ごとに表情を変えます。
春先から秋にあった色彩が、一切消えた冬の棚田。
今まで撮った写真と見比べてみると、冬景色の凄さが際立ちます。

春先、5月半ばごろ。

IMG_0330_convert_20121226113737.jpg

このころから、田んぼに水を張り始めます。

6月。水面に空や木々が映ります。

IMG_0396_convert_20121226114053.jpg

可憐なひめさゆりの姿も。

IMG_0331_convert_20121226113811.jpg

7月。とにかく、緑が濃い。

IMG_0579_convert_20121226114313.jpg

9月半ば。夏の緑とは一変、黄金色の稲が風になびき、棚田を覆います。

IMG_0848_convert_20121226114533.jpg

10月中旬ごろ。お米の収穫が始まります。
棚田米は、自然乾燥で乾かしています。
杭にかけられた稲が、人のように見えることもあり、突如、棚田に人が出現したように錯覚します。

IMG_0960_convert_20121226114746.jpg
10月の終わりごろ。
稲はほとんど刈り取られています。
稲を刈り取り水を抜いた後の田んぼに草が生い茂り、緑色になります。

IMG_1209_convert_20121226115058.jpg

このころ、すすきが美しい。

IMG_1211_convert_20121226115141.jpg

そして冬。
水墨画の色合いに一変します。

IMG_1472_convert_20121226115432.jpg

また春が来て、雪が解けるまで、
春から秋まで撮り溜めていた写真を眺めながら、
白黒の世界を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

契約

昨日の12月16日、私の住む隣組の「契約」がありました。
契約とは、年末に隣組が集まり、地区の決め事をお酒を飲みながら話し、親睦を深める場。
ご近所の忘年会のようなものだと聞きました。

私が参加した契約は、隣組の女性たちが参加するもの。
話し合いの内容は、主に念仏の練習についてでした。
この地域では、女の人が葬式の時に念仏を唱える習慣があり、その念仏練習が冬になると始まるのです。

近所同士がこんなに仲がいいのか、と思うほど、契約は楽しいものでした。
普段忙しい女性たちが、誰に遠慮することもなくのんびりする会、だったようにも思えます。

毎年、契約があると「今年もそろそろ終わりかな」という感じがするのでしょう。

雪の日々


12月7日から、一気に雪が降り積もりました。

その中、先週末の土日は、今年最後のネコトラ市。

IMG_1454_convert_20121210212500.jpg

二日とも雪でしたが、
「今年最後だから来てみたよ」
というお客さんが何人も来てくれました。
雪の中、本当にありがとうございました。
今後の週末市の場所は未定ですが、これからもよろしくお願いします。

ネコトラ市の間、雪でいろいろなものを作っていました。

雪うさぎ

IMG_1433_convert_20121210212120.jpg

雪だるま

ネコトラを春からずっと手伝ってくれた仲間、
近所の小学生カツヒロ君の作品です。

IMG_1435_convert_20121210212328.jpg

そして!
憧れのかまくら

IMG_1444_convert_20121210212428.jpg

大人一人、何とか入れる大きさです。
今度はもっと大きいものを作って、その中で餅を食べたいです。

いもこ汁


東北秋の名物、芋煮。
今までで、何度もごちそうになる機会がありました。

9月の敬老会でのいもこ汁。

IMG_0836_convert_20121206172712.jpg

材料は、

サトイモ
肉(牛肉派と豚肉派に分かれる)
豆腐
ごぼう
ねぎ
こんにゃく

白菜を入れる人もいます。

各具材を切った後、
牛肉、または豚肉をしょうゆ、酒、砂糖(みりん)で味をつけながら炒めます。

サトイモ、ごぼう、こんにゃくなどを煮込んだ鍋に、味をつけた牛肉を入れ、さらに煮込みます。
適度なところで、豆腐とねぎを投入。
最後に、塩、しょうゆ、酒などで味を調えます。

煮込んでる様子。

IMG_0815_convert_20121206172643.jpg

作り方を聞いたところで、私も作ってみました。
地元の人にごちそうになるいもこ汁にはかなわないけれど、
それなりにおいしく作れました。

いもこ汁の後、カレー粉を入れて、「芋煮カレー」も作ってみました。
具材の出汁がきいていて、結構おいしかったです。
プロフィール

大槻 春香

Author:大槻 春香
東京の大学を卒業し、4月から緑のふるさと協力隊第19期隊員として、山形県朝日町和合地区で活動中。地域の歴史や伝統文化などに興味あり。おいしいのも大好き!日々、和合のおいしいものに出会っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。