スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上神社祭り

4月15日、水上神社の祭り。
水上神社、和合大堰の鎮護神を祭る。
このお祭りは、春の豊作を願うもの。

祭りの朝は早い。
早朝5時に旗を揚げる。

049_convert_20120422165330.jpg

神社の境内、万国旗で飾り付け。

036_convert_20120422173929.jpg


それから、玉こんにゃく作りを手伝う。
山形名物玉こんにゃく!
私の大好物。
ほかにも、田作りごぼう、たけのこの煮物など、祭りのごちそうがならぶ。

10:00ごろ、水上神社に人が集まり、参拝。
豊龍神社からの神主を読んで、祝詞をあげる。

021_convert_20120422174211.jpg


終わると、和太鼓保存会の演奏!

それから、天狗を先頭に、神楽の演奏付きで、オス・メスの獅子が町内を練り歩く。
獅子は頭をかむ。
無病息災の効能があるらしい。

うおおおおおーーーーー!!!

042_convert_20120422174818.jpg

怖がって泣いている子もいた。
獅子の練り歩きは、途中大隅地区に」ある山の神神社で一休みする。
山の神神社では、水上神社とは別のお祭りが開催されていた。

地域のお祭りに参加したのは初めて。
天狗を先頭にして歩く言われは?
獅子に頭をかまれると、なぜ無病息災になるのか?
など、気になったことがたくさんあった。
いつか、調べたい。

この日は、和合の様々な箇所でお祭りがあった。
お昼過ぎから、和合の平という集落へ挨拶に行く。
平は平で、別のお祭り(山の神を祭る)が開催されていた。
和合地区の中で、3つの祭りが別々に行われているとは・・・!
平では、お供え物のカツオが出された。
お供え物は、祭りの後でみんなで食べることになっている。

観光客を呼ぶでもなく、地域に古くから伝わるお祭りが、そこに住んでいる人々の手でこじんまりと伝えられている姿を見るのは、感動的だった。
とてもおもしろい一日でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も、遠野のお祭りで獅子に頭噛んでもらったよー。無病息災だか賢くなるだか忘れたけれど、子どもにご利益がある、ということでした。
天狗が先導するのは面白いね。

No title

まろさま~!
ね!気になるよね。
天狗役は、若い男性がやるみたい。
プロフィール

大槻 春香

Author:大槻 春香
東京の大学を卒業し、4月から緑のふるさと協力隊第19期隊員として、山形県朝日町和合地区で活動中。地域の歴史や伝統文化などに興味あり。おいしいのも大好き!日々、和合のおいしいものに出会っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。